*

2016.3.7 有吉ゼミ【あばれる君の「そうだ、漁師になろう。」】で紹介された1匹4万円の高級魚とは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 へ~なるほど。なお魚の話


有吉ゼミの人気コーナー「あばれるクンのそうだ!漁師になろう」では毎回あばれるくんが、漁に同行し、楽しいレポートを伝えてくれていますね。 今回は青森県風間浦村編。 日本で3人しかいない手釣りの達人と荒れ狂う津軽海峡でお目当ての魚を狙います。

スポンサードリンク

青森県風間浦村のブランド魚

青森県風間浦は津軽海峡に面し、下北半島北西部に位置することから、多くの海産物が水揚げされています。 

津軽海峡で育ったイカ、サケ、ヒラメ、ウニ、海藻は有名なところ。

特にこの地域では近年、目の前の津軽海峡で取れるこの”ブランド高級魚”で町おこしを行っています。

全国のほかの地域でも獲れるこの”ブランド高級魚”ですが、この風間浦では、港から漁場が近く、他の地域ではない独自の漁法により、魚を傷めずに鮮度の良い状態で、水揚げしています。

他の地域ではあまり見られないお刺身が食べられるのは、鮮度が良い証しですね。

他の地域では、一般的に底引き漁によって、この魚を水揚げをしていますが、ここ風間浦では鮮度の良さを売りにするために、独自の漁法でこの魚を獲っています。

この独自の漁法は『空縄釣り』といわれる延縄漁です。

針には餌をつけず、さらに釣れた魚にも過度のストレスを与えない漁法です。

これにより、ここ風間浦ではこの魚を全国的にもめずらしい「活魚」で水揚げしています。

この魚類には”雌雄差”がある

風間浦でも水揚げされるこの魚には”雌雄差”といって、オスとメスの大きさに違いがあります。

メスがオスよりも早く成長し、体が大きく寿命も長いのが特徴で、メスが60cmになろうかという時期に、オスは4cmに満たないということもしばしば見られます。

その繁殖は、オスがメスの体に噛み付き、そのまま、メスの体の一部となり、繁殖します。

大きなものほど旨い

この魚は小さいうちは、プランクトンや甲殻類、小魚を食べていますが、60cmを越えたあたりから、中型魚を捕食するため、このころから身質もよくなるといわれています。

世界的に見ると、体長2m、重さ60kgを超えるものも報告されています。

「東の○○、西のフグ」

美味しいものの代表の例えの一つに、「西の○○、西のフグ」というたとえがあるくらい、昔からその美味しさには定評がありました。

スポンサードリンク

漢字で「鮟鱇」「琵琶魚」

引用元:世の中のうまい話

そう、この魚は「アンコウ」ですね。

日本では食用としてキアンコウ(ホンアンコウ)とアンコウ(クツアンコウ)が主流です。

現在流通しているものは、その水揚げで有名な茨城県産、山口県産のものが主流です。

鍋物や唐揚で食べるのが一般的です。

また、”アンコウには捨てるところがない”といわれ、内臓や皮なども美味しくいただけます。

フグより旨いといわれる『アンコウの七つ道具』は、

とも(肝臓)、ぬの(卵巣)、ひれ、水袋(胃)、鰓(えら)、柳肉(大身の白身肉)、皮を指します。

特にぬの(卵巣)は”チリメン”と呼ばれ、食べると肌着一枚分の暖が体にみなぎるといわれています。

また、七つ道具の中でも日本人は特に「アンキモ」といって、肝を好み酒の肴に珍重しますね。

そのせいか、最近では身肉はヨーロッパに輸出し、逆に肝が輸入されています。

ankimo

まとめ

この番組では、最後に漁師さんの年収を聞いて驚きますね。さらにこのコーナーをいつも楽しく届けてくれているあばれるクン。 回を重ねるごとに、”漁師”が板に付いてきたと思うのは、私だけでしょうか? 風間浦では鮟鱇を町おこしの産物として取り組んでおられます。 こちらにも注目してまいりたいと思います。

風間浦鮟鱇まつり

 

 

スポンサードリンク

<a title=”動物・生物 ブログランキングへ” href=”http://blog.with2.net/link.php?

1821611:2385″>

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

”子持ちシシャモ”ってどんな魚なの?

ご飯のおかずとして、酒の肴として、安価で美味しい魚シシャモ。 小さくても味わいがあり人気ですね。 我

記事を読む

2016.4.10 ザ!鉄腕!DASH!「DASH海岸」で紹介された「黒いダイヤ」と呼ばれる超高級魚とは?

毎回放送を楽しみにしている人も多い「鉄腕DASH」。 今回の「DASH海岸」は東京湾の深海「東京海底

記事を読む

飛んでる魚 トビウオはどれくらい飛べるの?

トビウオは英語で「フライング・フィッシュ」。 世界中で、文字通り「飛んでる魚」である。 さてこのトビ

記事を読む

『しゃべくり007』で鈴木亮平が紹介した「クッキーカッターシャーク」はこんな魚

鈴木亮平さんといえば、個性派イケメン俳優として活躍中ですよね。 そんな鈴木さんが「しゃべくり007」

記事を読む

いまさら聞けない「マグロ」のこと 

まぐろといえばお寿司。 2016年も築地市場新春恒例の初せりで青森県の大間産クロマグロ(200キロ)

記事を読む

【過去最高価格】 松葉ガニのブランド「五輝星」初せりで驚愕の70万円!

松葉ガニといえば冬の鳥取を代表する味覚の王者ですね。 「松葉ガニ」は成長したオスのズワイガニのことを

記事を読む

カワハギは関西ではひどい名前になる?!

お刺身、薄造り、煮付け、お鍋、肝合えといろいろ楽しめ、それゆえ高級魚となった「カワハギ」。 東日本で

記事を読む

京都のお正月に欠かせない【にらみ鯛】って何?

京都には、正月に食される「にらみ鯛」と呼ばれる名物があります。 「にらみ鯛」とは、明石などで獲れた尾

記事を読む

ロブスターとイセエビってどう違うの?エビはなぜ「おがくず」に入っているの?

お歳暮やお正月に地方から送られてきたり、魚屋さんに並ぶ「化粧箱」と呼ばれる箱入りの車エビや伊勢エビ。

記事を読む

漢字で書くと鰶・鯯・江鰶魚・鮗、万葉集では「都奈之(ツナシ)」と呼ばれた出世魚とは?

おすし屋さんの湯飲みなどで見られる、魚偏の漢字はさまざま有りますね。 魚の名前に当てられる漢字は、ア

記事を読む

コメントを残す