*

バカガイっておバカな貝なの? なんで「アオヤギ」って呼ぶの?

公開日: : へ~なるほど。なお魚の話


江戸前寿司になくてはならない貝ネタのひとつに「アオヤギ」がありますね。 にぎりもさることながら、刺身、酢の物やサラダから揚げやかき揚の具にも使え、重宝する貝でもあります。 この「アオヤギ」は「バカガイ」というのが正式名称ですが、なんで「バカガイ」と呼ばれるようになったんでしょう? 

スポンサードリンク

バカガイってどんな貝?

bakagai

バカガイは二枚貝綱バカガイ科の貝です。

ほぼ三角形で、殻は非常に薄く、表面にたくさんの輪層と放射状の条(すじ)があります。

殻の色は、外側が薄褐色で、内側は白い二枚貝です。

身肉の部分は美しい薄い朱色で、殻長は約8cm、殻高は約6cmです。

本州、四国、九州に分布し、塩分濃度の比較的高い砂底にすんでいます。

日本海には少ない貝で、旬は冬です。

なぜ「アオヤギ」って呼ぶの?

江戸前の寿司屋さんでこの「バカガイ」を「アオヤギ」と呼びますね。

これは、その昔上総国青柳村(現在の千葉県市原市)で良く獲れたので、

名産品を自慢したかった地元の人がこう呼んだからといわれています。

ちなみにこの「バカガイ」地方によっては

「カムリガイ」、「クツワガイ」、「ウバガイ」とも呼ばれています。

なんで「バカガイ」と呼ばれるようにようになったの?

古くは「港貝」(ミナトガイ)という優雅な古名が付いていたのに、

「バカガイ」といわれるようになった理由には諸説あります。

まず、古書『食物新書』には

「和名破家蛤(バカガイ)には、殻が薄く壊れやすいので

この名がつけられたとの記載があります。

また、冬の強い風で浜に打ち上げられ、鳥などに狙われているのに、

太陽にむけて大口を開けているので「馬鹿貝」といわれるようになったという説。

同じくその容姿で、殻を開けると、足をだらりとだし、

馬鹿者が舌を出しているように見えるからだともいわれています。

その味覚による説もあります。

その貝柱は美味しいのに、身肉の味がよくないので、

「親に似ぬショウガの子」という意味で

「馬鹿貝」という名前が付いたという説。

その習性からの説もあります。

この貝は、潮の干満や砂地の変化に敏感で、

一夜のうちに棲む場所を替えるので

「場替貝」(ばかえがい)とよんだのが訛った名であるという説です。

いずれも、この貝の姿や習性をみると頷けますね。

スポンサードリンク

良いバカガイの見分け方

普通スーパーなどでは、剥き見(アオヤギ)と小柱が別々に売られています。

足の色が橙色から朱色で身肉につやのあるものを選びましょう。

またこの身肉をまな板の上に打ち付けてみて、

身肉がキュウと締まるものが新鮮な証しです。

貝柱や足肉の色が赤いものや黄色いものがありますが、

これは個体差で、鮮度とは関係がありません。

このバカガイは腸炎ビブリオが着きやすいため、

生食には注意しましょう。

特に3~4月頃のもので内臓が赤くなっているものには要注意です。

内臓は完全に取り除いてから調理するようにしましょう。

殻付を買ったときには、3%程度の食塩水を何度も取り替えて

砂抜きをします。

それでも殻を開けると砂泥が残っていることがあるので、

身を開いて内臓を完全に取り除きましょう。

aoyaginigirineta

バカガイの美味しい食べ方

kobasira

 

バカガイの貝柱(小柱)は、すしだね、刺身などの生食、酢の物、サラダ

唐揚、かき揚、旨煮などで人気ですね。

成分的にはアサリやハマグリに似て、二枚貝としては平均的な美味しさです。

小柱も身肉も、酢の物や寿司のような酸味のあるものや

レモンなどと一緒にすると、貝の甘みとよく合い、

貝独特の生臭さも抑えられて、美味しくなります。

江戸前の寿司屋さんでは、

はいだ身を「アオヤギ」、足だけを集めたものを「舌切り」といいます。

味に少々くせがありますが、酸味とよく合います。

小柱は軍艦巻にされるのを見ますね。

身肉は包丁でたたいて。舌(足)をピンとさせて握ります。

「青柳にぎり」の画像検索結果

引用元:初音のごちそうの素 (とろける穴子がウリの店)

体に良い成分

バカガイにはタウリンが多く含まれます。

このタウリンには血中コレステロールの増加抑制作用があります。

またマグネシウムも多く含まれます。

マグネシウムは、神経の興奮を抑えたり、結石、胆石を防ぎます。

さらに新陳代謝の酵素の働きに必要とされています。

まとめ

現在では「アオヤギ」という名称のほうがなじみのある貝ですが、「バカガイ」という少々残念な名前の貝であったことはお解りいただけたと思います。 その名前の由来のどれを聞いてもやはり残念な貝ですね。 しかし、美味しく体にも良い貝であることは間違いありません。 お値段も手頃ですから、いろんな料理でお楽しみください。

スポンサードリンク

ホーム

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

冬は酢ガキ・カキの土手鍋・カキフライが美味い!「生食用」と「加熱用」って何が違うの?

カキといえば、冬の海の味覚の一つ。 宮城県産、広島県産などが有名ですね。酢牡蠣・フライ・土手鍋と色々

記事を読む

京都のお正月に欠かせない【にらみ鯛】って何?

京都には、正月に食される「にらみ鯛」と呼ばれる名物があります。 「にらみ鯛」とは、明石などで獲れた尾

記事を読む

岡山で「チョオキン」、紀州では「チョウチョウ」と呼ばれる”カツオに学びなぞらえる魚”とは?

世界的に見ると小さな国である日本でも地域によっては、獲れる魚と獲れない魚がいますね。 サバやアジなど

記事を読む

知ってるようで実は良く知らない「脂がのっている」ってどういうこと?

お魚を食べたとき「脂がのってうまいね~」と言ったことありませんか?では 「脂がのる」ってどういう状態

記事を読む

日テレ「有吉ゼミ」あばれる君の「そうだ。漁師になろう。新弟子登場スペシャル」」で紹介の「深海に咲くバラのような魚」ってどんな魚?

有吉ゼミは有吉弘行さんがMCを務める人気番組ですね。私も毎回チェックしている「そうだ。漁師になろう。

記事を読む

ザ!鉄腕!DASH!「ダッシュ海岸」で紹介された”海のギャング”うつぼは食べれるの?

磯釣りをされる方、特に石ダイ釣りをされる方にはおなじみの外道として知られているのがウツボです。 石ダ

記事を読む

カニみその ”みそ”って何?

秋になり、風が涼しくなってくると恋しくなるのが熱燗ではないでしょうか? そんな熱燗のあてにぴったりな

記事を読む

2016.8.22 有吉ゼミ「そうだ、漁師になろう。」で紹介の屋久島の過酷な伝統的な漁で獲れる魚とは?

有吉ゼミは相変わらず人気の番組ですね。 今回もあばれるクンの「そうだ、漁師になろう。」のコーナーから

記事を読む

林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル 超貴重映像で学ぶ『さかなクンが教えたい!意外と知らない日本にいる本当にすごい魚SP』で紹介されたお魚まとめ

「林修の今でしょ!講座」といえば「いつやるの?」「今でしょ!」でおなじみの林修先生出演の人気番組です

記事を読む

サヨリは大人になるとなぜ”受け口”になるの?

美しい白銀色の魚体、長いくちばしのような口にうっすらと紅をひいたような精悍な顔立ちの魚サヨリ。 この

記事を読む

コメントを残す