*

「 健康のための魚食 」 一覧

さかなクンが熱唱! JF全漁連推薦 魚食普及推進ソング『おさかな食べたら』を発表!

メディアの露出もどんどん増え、今やお魚のことならこの人に聞け!といえるほどの人気ぶりのさかなクン。 そんなさかなクンが今度は歌手デビュー! それもお魚食普及推進ソングとあっては、見逃すわけにはいきませ

続きを見る

美肌のための”コラーゲン”が摂れるお魚とは?

最近では、女性のお肌に良いとされる成分が色々と紹介されていますね。 ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、コエンザイムQ10やアルブチンやハイドロキノン・・・。 その中でもコラーゲンは昔から注目され、女

続きを見る

いまさら聞けない「マグロ」のこと 

まぐろといえばお寿司。 2016年も築地市場新春恒例の初せりで青森県の大間産クロマグロ(200キロ)が1400万円!! キロ当たりにすると7万円。 前年の2.8倍で競り落としたのはすしチェーン「すしざ

続きを見る

身よりも栄養価の高い『魚の皮』はこうやって食べよう

スーパーで買ってきた切り身を料理して食べるとき、皮って食べ残してませんか? また、自分でお魚を刺身に調理するとき、剥がした皮って捨ててませんか? 魚の皮は実に美味しく、栄養価も身よりもずっと多いんです

続きを見る

水産庁「魚の国のしあわせ」プロジェクト ファストフィッシュって何?

魚を食べることは、体に良いということは皆知っていることですが、近年の日本における魚介類の消費量は下がる一方です。 水産庁の平成18年度の水産白書においては、「魚離れ」の原因は、(1)子どもが魚を好まな

続きを見る

妊婦が注意すべき「魚」と「量」 厚生労働省発表

厚生労働省は2003年、「魚介類約300種類に蓄積された水銀濃度のデータ」と「水銀を含む魚介類の摂取に関する注意事項」を発表しました。 妊婦さんや妊娠の可能性ある女性を対象としたもので、特定の魚の摂取

続きを見る

”子持ちシシャモ”ってどんな魚なの?

ご飯のおかずとして、酒の肴として、安価で美味しい魚シシャモ。 小さくても味わいがあり人気ですね。 我が家でもよく食卓に並びます。 頭からガブリって食べるのも他の魚ではなかなか無い醍醐味の一つ。 今回は

続きを見る

魚の「血合い」捨ててませんか? 実は栄養満点なんです。

スーパーでブリの切り身や、カツオの刺身用ブロックなどを買うことがありますね。 それぞれの身に赤黒い色をした部分があります。 これを血合いといいます。 時間が経つと黒く変色するし、食べると血生臭く敬遠さ

続きを見る

「テラスハウス」出演者で、写真家・音楽家の今井洋介さん(享年31)が死去。若い人にも起こり得る「心筋梗塞」を防ぐための魚料理とは?

FM横浜の「SHONAN by the Sea」でレギュラーDJを務め、人気番組「テラスハウス」にも出演していた写真家・音楽家の今井洋介さんが11月23日に心筋梗塞のため死去しました。 享年31。 若

続きを見る

林先生が驚く初耳学【美容効果で注目…幻の魚】で紹介された”ゲンゲ”とは

「いつやるの?」「今でしょ!」でおなじみの予備校講師の林修先生の番組「林先生が驚く初耳学」は人気の番組ですね。 今回の番組内ではさかなクンが紹介された【美容効果で注目・・・幻の魚】が面白かったので解説

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【DASH海岸】”幻の古代ザメ”「ラブカ」とは? サメとフカはどう違うの?

これまでも貴重な海洋生物を捕獲し、我々を楽しませてくれたDASH海岸。

DASH島で紹介 岩牡蠣の旬はいつ? 主な産地とおすすめの食べ方とは 

牡蠣といえば、冬の代表的な海の幸ですね。 広島や宮城が養殖の産地として

今話題の『羽田市場』 人気の理由はここにあった

「羽田市場」をご存知でしょうか? 羽田というのは「羽田空港」のことで、

この冬 是非食べたい 魚介類を使った 『全国ご当地鍋』 まとめ 西日本編

『全国ご当地鍋』 まとめ 東日本編では、石狩鍋、しょっつる鍋、アンコウ

この冬 是非食べたい 魚介類を使った 『全国ご当地鍋』 まとめ 東日本編

朝晩がめっきり冷え込んでくると真っ先に食べたくなるのが『鍋料理』ですね

→もっと見る

PAGE TOP ↑