*

いかの頭ってどこの部分か知ってます?

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 えっ!本当?な魚の話, 知ってて役立つお魚の話


イカの足のことを「下足」といいます。 塩焼きや天ぷらにすると美味しいアイテムです。 イカの体はこの下足と筒状の体ですが、さて「頭」はどこでしょうか?

スポンサードリンク

結構勘違い

イカの頭というと三角形にとがった筒状のところと思いがちです。 確かに足から考えると上半身が頭と思えますが、実際は違うんです。

yariika

答えは、目と口がある部分、下足の付け根のすぐ上のところです。 

つまり10本の足と三角形のヒレをもつ上半分に挟まれたごく狭い部分がイカの頭なんです。

また、正確に言うと下足は「足」ではなく、「腕」。

つまり、イカの体は頭から腕を出し、頭のうえに内臓の入った胴体があるというわけなんです。

スポンサードリンク


同じくタコも

イカとよく比較されるのが「タコ」。 

こちらも球体になった部分が頭だと思われていますが、そこは人間で言うところの「胴体」。 

ねじり鉢巻のタコのイラストを見かけますが、あれは正確に言うとお腹に鉢巻を巻いていることになりますね。

takodouzou

イカの2本の長い足(腕)

イカはもともと8本の腕を外に出し、残りの2本は普段隠していて、獲物を見つけるとそっと近づきこの2本の腕で獲物を捕まえます。

この2本の腕を「蝕腕(しょくわん)」といい、イカにとって特別な腕なので、他の8本よりも長く大きい作りになっているのです。

イカ・タコには3つの心臓

yariika

生き物の心臓は普通1つ。 

しかし、軟体動物であるイカやタコには3つの心臓があるのです。 

これは、イカやタコの筋肉は運動量の多さから、常に大量の酸素を必要とするためといわれています。 

ただし3つの心臓はメインの心臓が1つ、あとの2つは鰓心臓(えらしんぞう)といわれるエラに血液を送る役目をもっているそうです。 

3つの心臓があるおかげで、イカやタコは海の中で猛スピードで泳ぐことができるんですね。

まとめ

これまで、イカの刺身といえば、頭の部分を食べていたと思っていた方は多いのではないでしょうか。 実際は胴体だったんですね。 いずれにしても美味しければそれでいいんですけどね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

半夏生に「たこ」を食べるのは・・・

 今年の7月2日は『半夏生』(はんげしょう) 関西では特に、「半夏生」には「たこ」を食べるという風習

記事を読む

魚を焼くとき、なぜ「強火の遠火」が良いの?

アジの塩焼き、サンマの塩焼き、タイの塩焼きなど和食には魚に塩を振り、シンプルに焼くという料理がありま

記事を読む

えっ、こんなにあるの? 魚にまつわる記念日 前編

 カレンダーを見ていると、毎日のように「○○の日」というのが書いてありますよね。 これは公的な機関が

記事を読む

さんま、さば、かます 秋の旬魚は嫁いじめ?

秋といえば食欲の秋。 魚も美味しくなる季節ですね。 そんな秋が旬の魚はことわざでは姑の嫁いびりにしか

記事を読む

「カジキ」は「マグロ」じゃないって知ってた?

テレビで海外の海でのトローリングを紹介しているのを見たことがあると思います。 広い海原をクルーザーで

記事を読む

竜?龍?オスが子育てするタツノオトシゴはいったい何者? 

私個人的に『タツノオトシゴ』が好きで、ネットオークションでタツノオトシゴにまつわるものを買ったり、動

記事を読む

「メスのほうが美味しい」といわれるタコ。どうやってオスとメスを見分けるの?

タコの漁といえば「タコ壺漁」が有名ですね。 多くの壺を海底に沈め、壺にタコが入った頃を見計らって壺を

記事を読む

えっ、こんなにあるの? 魚にまつわる記念日 後編

公的な機関が制定したり、企業や業界団体が商品や産品の販売促進のために制定したりしている記念日。そんな

記事を読む

「サンマは目黒に限る」 なぜ目黒なの?

落語に「目黒の秋刀魚(サンマ)」と言う話がある。 昔、将軍が遠乗りの際、目黒の百姓家に立ち寄って食べ

記事を読む

スーパーで売ってる「ランプフィッシュ・キャビア」ってあの世界三大珍味のキャビアじゃないの?

黄色いダイヤといえば「カズノコ」。では黒いダイヤといえば? そう「キャビア」ですね。 トリュフ、フォ

記事を読む

コメントを残す