*

カニみその ”みそ”って何?


秋になり、風が涼しくなってくると恋しくなるのが熱燗ではないでしょうか? そんな熱燗のあてにぴったりなのがカニみそ。 これを端の先にちょいと乗せ、なめるだけでお酒がすすみますよね。 カニの旨味を凝縮したようなこのカニみそって一体カニのどこなんでしょう? 

スポンサードリンク

カニみそって脳みそなの?

kanimiso4

カニみそを美味しいといって食べている割には、それがカニの一体何なのかを知らない人が多いのです。

子どものころ鮮魚店を経営する父親に

「カニみそって何?」と聞いたことがあります。

答えに困った顔をした父は

「カニの脳みそ。」と答えたのを覚えています。

子どもに聞かれて

「カニの卵」と答えているお母さんを見たこともあります。

カニみその正体は・・・・・。

keganimiso

案外知られていないこの「みそ」とは

カニの肝臓と膵臓です。

といっても、カニの肝臓と膵臓は別々にあるのではなく、

正確には、両方の機能を持つ肝膵臓とよばれるひとつの臓器なんです。

肝膵臓はまたの名を「中腸腺」ともいいます。

これは、消化吸収を助けたり、栄養分の貯蔵をおこなったりする臓器です。

カニのみそといって食べているのは、カニの肝膵臓だったんですね。

スポンサードリンク

カニにまつわる別名称

カニの肝膵臓を”みそ”というようにカニは他の部分も別の名前で呼ばれることが多い。

腹部の下のほうにある三角形の部分は、俗に”ふんどし”や”腰巻き”と呼ばれています。

”ふんどし”とはカニのオスの腹部、”腰巻き”はメスの腹部のことです。

「かにふんどし」の画像検索結果

引用元:寿司屋のおかみさん小話

オスの”ふんどし”は幅が狭く、メスの”腰巻き”は幅が広くなっています。

これは、メスが卵をたくさん抱えられるためです。

また甲羅を外すと、体の左右にスポンジ状の部分があります。

「かにふんどし」の画像検索結果

引用元:最北の海鮮市場

これはエラで、”ガニ”と呼ばれています。

”カニは食ってもガニ食うな”ということばがあるように、”ガニ”は体に害があるので

食べないほうが良いという説がありますが、そんなことはないようです。

ただし、煮ても焼いても美味しくないので食べないほうが無難です。

卵にも別名があります。

「かに内子」の画像検索結果

引用元:かに風味

メスのカニの甲羅の中にあるまだ精子と受精していない未熟な卵(卵巣)のことを

”内子(うちこ)”といい、”腰巻き”部分に抱えられた受精後の卵を

”外子(そとご)”と呼びます。

おすすめのカニみそ

おすすめのカニみそを2点ご紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

香住がにの蟹みそ缶詰
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/10/29時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北の料理工房 かにみそ100%ずわいがにの蟹味噌で仕上げました
価格:1404円(税込、送料別) (2016/10/29時点)

 

まとめ

これから寒くなると鍋物などでも、カニを食べることが増えますね。 カニの身ももちろんですが、カニみそにも注目していただけたらと思います。 カニは高価ですが、カニみそだけなら比較的安価で入手できますので、カニを食べたつもりにもなれますね。

スポンサードリンク

ホーム

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

NHK【ダーウィンが来た!生きもの新伝説】「毒魚だヨ!全員集合 ゴンズイ玉 高知 絶景の柏島」で紹介された”ゴンズイ”ってどんな魚?

NHK「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」皆さんご覧になられてますか? 動物好きな私はいつも録画して

記事を読む

プロが伝授シリーズ! 其の6 イカを刺身で食べたい。 おうちでも出来るイカの調理

鮮度の良いイカのお刺身は甘味があって美味しいですよね。 でも鮮度の良いイカは調理する前の姿で販売され

記事を読む

2016.06.07【有吉弘行のダレトク!?】ダレトク!?キモうまグルメ で紹介された「深海に潜むキモうまな魚」とは?

番組では、おなじみの静岡県焼津の漁師、長谷川さんからの1本の電話が今回の取材のきっかけでした。 「漁

記事を読む

ウニ丼、ウニのお寿司、大好きなウニって、体のどの部分なの?

ウニといえば高級品ですね。 口に含むと磯の香りが口いっぱいに広がり、舌触りはなめらかでとろけていきま

記事を読む

プロが伝授シリーズ! 其の1 生タコの調理方法

飲食店をやってますと、良くお客様に聞かれるのが、調理法や料理の仕方。 特に主婦の皆さんには知りたいこ

記事を読む

♪飛びます ♪とびます

坂上二郎さんを偲んで とびます。 とびます。 幼い頃、 「くだらない番組は観るな。」 と厳格な

記事を読む

半夏生に「たこ」を食べるのは・・・

 今年の7月2日は『半夏生』(はんげしょう) 関西では特に、「半夏生」には「たこ」を食べるという風習

記事を読む

い~か。いかがか。以下同文。

「いか」なるときも以下も以上も「いかが」もない 仙崎はいかの産地。 瀬戸内海はあおりいか、甲いか

記事を読む

カツオの「酒盗」って塩辛じゃないの?

「カツオの酒盗」。お酒の好きな方なら一度や二度は食べたことがある酒の肴。 この「酒盗」と「塩辛」は違

記事を読む

岡山で「チョオキン」、紀州では「チョウチョウ」と呼ばれる”カツオに学びなぞらえる魚”とは?

世界的に見ると小さな国である日本でも地域によっては、獲れる魚と獲れない魚がいますね。 サバやアジなど

記事を読む

コメントを残す