*

カニみその ”みそ”って何?


秋になり、風が涼しくなってくると恋しくなるのが熱燗ではないでしょうか? そんな熱燗のあてにぴったりなのがカニみそ。 これを端の先にちょいと乗せ、なめるだけでお酒がすすみますよね。 カニの旨味を凝縮したようなこのカニみそって一体カニのどこなんでしょう? 

スポンサードリンク

カニみそって脳みそなの?

kanimiso4

カニみそを美味しいといって食べている割には、それがカニの一体何なのかを知らない人が多いのです。

子どものころ鮮魚店を経営する父親に

「カニみそって何?」と聞いたことがあります。

答えに困った顔をした父は

「カニの脳みそ。」と答えたのを覚えています。

子どもに聞かれて

「カニの卵」と答えているお母さんを見たこともあります。

カニみその正体は・・・・・。

keganimiso

案外知られていないこの「みそ」とは

カニの肝臓と膵臓です。

といっても、カニの肝臓と膵臓は別々にあるのではなく、

正確には、両方の機能を持つ肝膵臓とよばれるひとつの臓器なんです。

肝膵臓はまたの名を「中腸腺」ともいいます。

これは、消化吸収を助けたり、栄養分の貯蔵をおこなったりする臓器です。

カニのみそといって食べているのは、カニの肝膵臓だったんですね。

スポンサードリンク

カニにまつわる別名称

カニの肝膵臓を”みそ”というようにカニは他の部分も別の名前で呼ばれることが多い。

腹部の下のほうにある三角形の部分は、俗に”ふんどし”や”腰巻き”と呼ばれています。

”ふんどし”とはカニのオスの腹部、”腰巻き”はメスの腹部のことです。

「かにふんどし」の画像検索結果

引用元:寿司屋のおかみさん小話

オスの”ふんどし”は幅が狭く、メスの”腰巻き”は幅が広くなっています。

これは、メスが卵をたくさん抱えられるためです。

また甲羅を外すと、体の左右にスポンジ状の部分があります。

「かにふんどし」の画像検索結果

引用元:最北の海鮮市場

これはエラで、”ガニ”と呼ばれています。

”カニは食ってもガニ食うな”ということばがあるように、”ガニ”は体に害があるので

食べないほうが良いという説がありますが、そんなことはないようです。

ただし、煮ても焼いても美味しくないので食べないほうが無難です。

卵にも別名があります。

「かに内子」の画像検索結果

引用元:かに風味

メスのカニの甲羅の中にあるまだ精子と受精していない未熟な卵(卵巣)のことを

”内子(うちこ)”といい、”腰巻き”部分に抱えられた受精後の卵を

”外子(そとご)”と呼びます。

おすすめのカニみそ

おすすめのカニみそを2点ご紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

香住がにの蟹みそ缶詰
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/10/29時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北の料理工房 かにみそ100%ずわいがにの蟹味噌で仕上げました
価格:1404円(税込、送料別) (2016/10/29時点)

 

まとめ

これから寒くなると鍋物などでも、カニを食べることが増えますね。 カニの身ももちろんですが、カニみそにも注目していただけたらと思います。 カニは高価ですが、カニみそだけなら比較的安価で入手できますので、カニを食べたつもりにもなれますね。

スポンサードリンク

ホーム

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

飛んでる魚 トビウオはどれくらい飛べるの?

トビウオは英語で「フライング・フィッシュ」。 世界中で、文字通り「飛んでる魚」である。 さてこのトビ

記事を読む

いかの頭ってどこの部分か知ってます?

イカの足のことを「下足」といいます。 塩焼きや天ぷらにすると美味しいアイテムです。 イカの体はこの下

記事を読む

目は口ほどに物を言う。 魚の鮮度は目に表れる。

スーパーにお魚を買いにいった際、皆さんはどんなところを見て選んでいますか? 同じ値段なら少しでも良い

記事を読む

『しゃべくり007』で鈴木亮平が紹介した「クッキーカッターシャーク」はこんな魚

鈴木亮平さんといえば、個性派イケメン俳優として活躍中ですよね。 そんな鈴木さんが「しゃべくり007」

記事を読む

スーパーで売ってる「ランプフィッシュ・キャビア」ってあの世界三大珍味のキャビアじゃないの?

黄色いダイヤといえば「カズノコ」。では黒いダイヤといえば? そう「キャビア」ですね。 トリュフ、フォ

記事を読む

いかつい顔に鋭い歯 でもその味は・・・

獰猛な「海のハンター」は繊細な味を持つ 瀬戸内海のいたるところで獲れるこの太刀魚。 不意にふれると

記事を読む

”いなせ”で”おぼこ” ”木っ端微塵”で”とどの詰まり” の語源の魚とは? 

魚が語源の言葉は多くあるが、これほどまでに多くの語源になった魚も珍しい。 さてその魚とは? スポン

記事を読む

知ってるようで実は良く知らない「脂がのっている」ってどういうこと?

お魚を食べたとき「脂がのってうまいね~」と言ったことありませんか?では 「脂がのる」ってどういう状態

記事を読む

魚を焼くとき、なぜ「強火の遠火」が良いの?

アジの塩焼き、サンマの塩焼き、タイの塩焼きなど和食には魚に塩を振り、シンプルに焼くという料理がありま

記事を読む

ウニ丼、ウニのお寿司、大好きなウニって、体のどの部分なの?

ウニといえば高級品ですね。 口に含むと磯の香りが口いっぱいに広がり、舌触りはなめらかでとろけていきま

記事を読む

コメントを残す