*

美肌のための”コラーゲン”が摂れるお魚とは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 健康のための魚食, 知ってて役立つお魚の話


最近では、女性のお肌に良いとされる成分が色々と紹介されていますね。 ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、コエンザイムQ10やアルブチンやハイドロキノン・・・。 その中でもコラーゲンは昔から注目され、女性なら化粧品や、サプリメントなどで一度はお世話になっているはず。 そんなコラーゲンが”食べるだけ”で摂れるお魚を紹介しましょう。

スポンサードリンク

そもそもコラーゲンとは

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、化粧品、医薬品など様々に用いられている。

コラーゲンを含む食品としては、肉類(特に、皮・軟骨・骨・筋。鶏皮、鶏軟骨、スジ肉)、魚類(特に、皮・骨。サケ、うなぎ)、ゼラチン、ゼリー(増粘多糖類ではなくゼラチンで作ったものに限る)が挙げられている。

出典:ウィキペディア

魚の歯ごたえとゼラチンに変化するコラーゲン

magarei

ヒラメやカレイの刺身はマグロの刺身と比べて歯ごたえが硬く、コリコリとした食感を感じますね。

これは、ヒラメやカレイの身肉にはマグロに比べてコラーゲンというタンパク質が多く含まれているからです。

硬い筋肉に存在するコラーゲンを、とくにV型コラーゲンといいます。

マサバやマグロのように軟らかい筋肉ではこのV型コラーゲンの存在は少なく、フグやヒラメのような硬い筋肉ではV型コラーゲンの存在が多いことが明らかになっています。

V型コラーゲンは魚肉の細胞と細胞の間で接着剤のような働きをしていると考えられています。

このV型コラーゲンの崩壊と筋肉の軟化との間には相関関係があるとも考えられています。

V型コラーゲンの量は魚の締め方にも関係があるといわれています。

野締めのように、魚が苦悶死したものは、活け締めのように即殺した場合よりもV型コラーゲンの量が少ないので、身が柔らかいといわれています。

水に溶けにくいコラーゲンは、加熱調理により水に溶けやすいゼラチンに変化します。

煮魚の後に煮汁が冷えて固まり、「煮こごり」ができるのは、煮汁の中に溶けているゼラチンが凝固するためです。

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを多く含む食品には、「動物性食品」と「海洋性食品」の2つがあります。

動物性食品には、豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉などがあります。

海洋性食品には、アジ、イワシ、ヒラメ、カレイ、エイ、サケ、サンマ、タイ、ブリ、ムツ、ハモ、ワカサギ、シシャモ、ドジョウ、ウナギ、アナゴ、アサリ、エビ、イカ、タコ、フカヒレ、ナマコ、スッポンなどがあります。

最近の研究で明らかになり、当ブログでも紹介させてもらった「ゲンゲ」も忘れてはなりませんね。

林先生が驚く初耳学【美容効果で注目…幻の魚】で紹介された”ゲンゲ”とは

特にコラーゲンが多いとされるのは

hukahire

フカヒレ(皮なし・湿)(食品100g中に含まれるコラーゲン量が9,920mg)

hamo2

ハモの皮(食品100g中に含まれるコラーゲン量が7,660mg)

unagikabayaki

ウナギの蒲焼(食品100g中に含まれるコラーゲン量が5,530mg)

が挙げられます。

意外なところでは、

シラス干し(食品100g中に含まれるコラーゲン量が1,920mg)

なまり節(カツオ)(食品100g中に含まれるコラーゲン量が1,660mg)

サケ(皮あり)(食品100g中に含まれるコラーゲン量が2,410mg)

などがあります。

魚のコラーゲンを体内に有効的に取り入れるには

コラーゲンの一日の必要量は1,000mg~5,000mgといわれています。

また効果を実感するには最低5日間取り続けると良いといいます。

また、加熱して食べることが基本となります。

また、コラーゲンの多い魚食材は比較的にカロリーが高いものが多いため、野菜や果物などの副菜も一緒に食べましょう。

コラーゲンが体内で作られるときには、その手助けにビタミンCが必要といわれています。

そのためには、みかん、りんご、いちご、キウイフルーツなどビタミンCが摂れる果物を一緒に食べることをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

現代の食事では、なかなか栄養バランスを取るのが難しいですね。 特にこのコラーゲンはサプリメントを頼っておられる方も多いはずです。 しかし、食材から摂れるコラーゲンは天然の恵みです。 心がけて摂ることで、健康的なお肌を手に入れていただきたいものです。

スポンサードリンク

ホーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

「メスのほうが美味しい」といわれるタコ。どうやってオスとメスを見分けるの?

タコの漁といえば「タコ壺漁」が有名ですね。 多くの壺を海底に沈め、壺にタコが入った頃を見計らって壺を

記事を読む

魚を食べてはいけない宗教があるって知ってた?

ユダヤ教は馬肉・豚肉を食べない、イスラム教は豚を食べない、ヒンズー教は牛肉を食べない、など宗教によっ

記事を読む

見た目は美人だが腹黒い

綺麗なサヨリがなぜ腹黒い? さよりはスマートな魚体で口先がわずかに赤い。 それはまるで紅を差した

記事を読む

カワハギは関西ではひどい名前になる?!

お刺身、薄造り、煮付け、お鍋、肝合えといろいろ楽しめ、それゆえ高級魚となった「カワハギ」。 東日本で

記事を読む

今人気の「浜焼き」のルーツは広島なのです。

海鮮料理や居酒屋で今人気のメニューが「浜焼き」。 炭火やガスコンロで魚や貝、野菜を焼いて食べるもの。

記事を読む

さかなクンが熱唱! JF全漁連推薦 魚食普及推進ソング『おさかな食べたら』を発表!

メディアの露出もどんどん増え、今やお魚のことならこの人に聞け!といえるほどの人気ぶりのさかなクン。 

記事を読む

料理の万能選手といえば・・・・

日本人に愛される魚の一つは、オールマイティーに使える魚でもある。 私は個人的にランキングが好きであ

記事を読む

ふるさと納税で”納税のお礼”にもらえるおすすめの魚介類はこれだ!北海道地域編

ふるさと納税の”お礼の品”おすすめの魚介類シリーズ第7弾は最終回『北海道地域』。 北海道といえばご承

記事を読む

都道府県の魚ってあるの?

「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」というのがある。 各県ゆかりの花、木、鳥である。

記事を読む

カマボコやチクワなどの練り製品はどんな魚で出来ているの?

魚を原料にした練り物(水産練り製品)は、魚肉タンパク質の性質を利用した日本独特の魚肉加工品である。 

記事を読む

コメントを残す