*

美肌のための”コラーゲン”が摂れるお魚とは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 健康のための魚食, 知ってて役立つお魚の話


最近では、女性のお肌に良いとされる成分が色々と紹介されていますね。 ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、コエンザイムQ10やアルブチンやハイドロキノン・・・。 その中でもコラーゲンは昔から注目され、女性なら化粧品や、サプリメントなどで一度はお世話になっているはず。 そんなコラーゲンが”食べるだけ”で摂れるお魚を紹介しましょう。

スポンサードリンク

そもそもコラーゲンとは

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、化粧品、医薬品など様々に用いられている。

コラーゲンを含む食品としては、肉類(特に、皮・軟骨・骨・筋。鶏皮、鶏軟骨、スジ肉)、魚類(特に、皮・骨。サケ、うなぎ)、ゼラチン、ゼリー(増粘多糖類ではなくゼラチンで作ったものに限る)が挙げられている。

出典:ウィキペディア

魚の歯ごたえとゼラチンに変化するコラーゲン

magarei

ヒラメやカレイの刺身はマグロの刺身と比べて歯ごたえが硬く、コリコリとした食感を感じますね。

これは、ヒラメやカレイの身肉にはマグロに比べてコラーゲンというタンパク質が多く含まれているからです。

硬い筋肉に存在するコラーゲンを、とくにV型コラーゲンといいます。

マサバやマグロのように軟らかい筋肉ではこのV型コラーゲンの存在は少なく、フグやヒラメのような硬い筋肉ではV型コラーゲンの存在が多いことが明らかになっています。

V型コラーゲンは魚肉の細胞と細胞の間で接着剤のような働きをしていると考えられています。

このV型コラーゲンの崩壊と筋肉の軟化との間には相関関係があるとも考えられています。

V型コラーゲンの量は魚の締め方にも関係があるといわれています。

野締めのように、魚が苦悶死したものは、活け締めのように即殺した場合よりもV型コラーゲンの量が少ないので、身が柔らかいといわれています。

水に溶けにくいコラーゲンは、加熱調理により水に溶けやすいゼラチンに変化します。

煮魚の後に煮汁が冷えて固まり、「煮こごり」ができるのは、煮汁の中に溶けているゼラチンが凝固するためです。

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを多く含む食品には、「動物性食品」と「海洋性食品」の2つがあります。

動物性食品には、豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉などがあります。

海洋性食品には、アジ、イワシ、ヒラメ、カレイ、エイ、サケ、サンマ、タイ、ブリ、ムツ、ハモ、ワカサギ、シシャモ、ドジョウ、ウナギ、アナゴ、アサリ、エビ、イカ、タコ、フカヒレ、ナマコ、スッポンなどがあります。

最近の研究で明らかになり、当ブログでも紹介させてもらった「ゲンゲ」も忘れてはなりませんね。

林先生が驚く初耳学【美容効果で注目…幻の魚】で紹介された”ゲンゲ”とは

特にコラーゲンが多いとされるのは

hukahire

フカヒレ(皮なし・湿)(食品100g中に含まれるコラーゲン量が9,920mg)

hamo2

ハモの皮(食品100g中に含まれるコラーゲン量が7,660mg)

unagikabayaki

ウナギの蒲焼(食品100g中に含まれるコラーゲン量が5,530mg)

が挙げられます。

意外なところでは、

シラス干し(食品100g中に含まれるコラーゲン量が1,920mg)

なまり節(カツオ)(食品100g中に含まれるコラーゲン量が1,660mg)

サケ(皮あり)(食品100g中に含まれるコラーゲン量が2,410mg)

などがあります。

魚のコラーゲンを体内に有効的に取り入れるには

コラーゲンの一日の必要量は1,000mg~5,000mgといわれています。

また効果を実感するには最低5日間取り続けると良いといいます。

また、加熱して食べることが基本となります。

また、コラーゲンの多い魚食材は比較的にカロリーが高いものが多いため、野菜や果物などの副菜も一緒に食べましょう。

コラーゲンが体内で作られるときには、その手助けにビタミンCが必要といわれています。

そのためには、みかん、りんご、いちご、キウイフルーツなどビタミンCが摂れる果物を一緒に食べることをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

現代の食事では、なかなか栄養バランスを取るのが難しいですね。 特にこのコラーゲンはサプリメントを頼っておられる方も多いはずです。 しかし、食材から摂れるコラーゲンは天然の恵みです。 心がけて摂ることで、健康的なお肌を手に入れていただきたいものです。

スポンサードリンク

ホーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ふるさと納税で”納税のお礼”にもらえるおすすめの魚介類はこれだ!近畿地域編

今話題の「ふるさと納税」は市町村を選んで、寄付を行うと寄付金が市町村の財源となるだけでなく寄付した側

記事を読む

魚の「血合い」捨ててませんか? 実は栄養満点なんです。

スーパーでブリの切り身や、カツオの刺身用ブロックなどを買うことがありますね。 それぞれの身に赤黒い色

記事を読む

食べ残しているあなた!刺身に付いている「ツマ」や「海草」こそが栄養たっぷりなんですよ!

刺身を食べるとき、ツマや海草を残していないでしょうか? 刺身のツマには、大根のほかに色鮮やかな海草が

記事を読む

カニみその ”みそ”って何?

秋になり、風が涼しくなってくると恋しくなるのが熱燗ではないでしょうか? そんな熱燗のあてにぴったりな

記事を読む

亜鉛不足の現代人の強い味方 あの英雄も好んだ【海のミルク】牡蠣

手の爪に白い斑文がある方はいませんか? この斑文が出来るのは「亜鉛」が不足している証拠です。 「最近

記事を読む

「トロ」「ブリ」など脂の多い魚にワサビが利きにくいって本当?

水温の下がる「寒の時期」。 魚は脂がのって一層美味しくなりますね。 脂の多い魚といえばマグロの「トロ

記事を読む

えっ、こんなにあるの? 魚にまつわる記念日 後編

公的な機関が制定したり、企業や業界団体が商品や産品の販売促進のために制定したりしている記念日。そんな

記事を読む

日テレ「有吉ゼミ」あばれる君の「そうだ。漁師になろう。」で紹介された荒れ狂う津軽海峡の深海の高級魚とは?

日テレ「有吉ゼミ」相変わらずの人気番組ですね。 坂上忍さんやはなわさんなどが番組を賑わせています。 

記事を読む

魚を上手に焼くコツは?

春のサワラ、夏のアユ、秋のサンマ、冬のブリなど日本には四季を通じて、焼いて旨い魚がありますね。 「部

記事を読む

イシダイ、アマダイ、キンメダイ、タイにも色々あるけれど実はタイじゃないタイだらけという真実を知ってました?

日本では、お祝い事の席といえば「タイの尾頭付き」というのが、昔からの風習ですね。おめで”タイ”の語呂

記事を読む

コメントを残す