*

寒い冬が旬!女性にはうれしく酒の肴にぴったりの”海鼠”と書く海の幸って?

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 知ってて役立つお魚の話


熱燗が旨いと感じる季節には、それに合う酒の肴が欲しいですね。 あなたなら何を選びますか? 魚なら刺身も良いですが、あん肝やフグの皮なんかも日本酒にはぴったりですね。 そんな寒い時期におすすめの酒の肴”海鼠”をご紹介しましょう。

海鼠って何?

まずは答えから 「ナマコ」です。

namako

刻んで、ネギともみじおろし、ポン酢で食べると磯の香りが口の中に広がります。

見た目はグロテスクですが、食べると旨い珍味ですね。

現在では「生子」と書くのが一般的かもしれませんが、もともとは「海鼠」と書きます。

古くは「海鼠」と書いて「」と呼んでいたようです。

これを生で食べるようになって「ナマコ」と呼ぶようになったとか。

似た形の生物で、絹の原料の繭(まゆ)を作り出すカイコがいますが、

これは、家で飼うことから”飼いこ”となり”蚕(かいこ)”と呼ばれるようになったとか。

「ナマコ」も「かいこ」も元々どちらも「こ」と呼ばれ、双方あまりにも短い名前なので区別しづらいため、それぞれの名前に変化したようですね。

また、生の「ナマコ」に対して、干したものは「いりこ」、内臓は「このわた」、卵巣は「このこ」といいます。

それぞれ「こ」に説明を加えたものが名前となったようですね。

「このわた」「このこ」はわかりやすいですが、「いりこ」だけは当てられた漢字が

「海参」で、これはどうやら朝鮮人参からきたようです。

海参は、江戸時代に清朝の中国に大量に輸出され薬用とされていました。

海の朝鮮人参ということらしいのですが、実際には朝鮮人参のような薬効はないようです。

いつから食べられていた?

このナマコを最初に食べた人は相当な勇気のある人ではないでしょうか。

そんな話をすることがよくありますが、実際にはいつ頃から食べられていたのでしょう。

古い文献を調べてみますと、一番古いところでは、

「古事記」にありました。

ただし食べ物としてではありませんでした。

古事記によると

「天孫降臨の際、猿田彦が魚を集め天神への服従を誓わせる。 その時にナマコが魚ではないため黙っていたところ、天宇受売命(あまのうずめのみこと)の怒りをかう。 ナマコは口を切り裂かれ、それ以降ナマコの口は裂けたままになった。」

というのがありました。

古い文献にはちょくちょく登場する「ナマコ」ですが、結局のところいつから食べられていたかは定かではありません。

古い文献の中には、その内臓を使って「このわた」を作って食べたなどとあることからも、珍味として、食事としてほぼその頃には日常的に食べられていたのかもしれません。

なまこって栄養はあるの?

kuronamakoaonamakoakanamako

まず、日本で一般的に食用とされているナマコには「赤ナマコ」「青ナマコ」「黒ナマコ」の3種類があります。 

スーパーなどで販売されているものの殆どは、「青ナマコ」です。 

「赤ナマコ」は「青ナマコ」に比べると数が少なく、高価です。 

「黒ナマコ」はそのまま食べると硬く、その殆どが「干し海鼠」に加工されます。

ナマコは漢方薬として古くから滋養強壮薬、皮膚病薬として用いられてきた経緯があります。

ナマコには、その見た目では想像がつかないですが、ビタミンB群・Eなどのビタミンや、カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル成分などの豊富な栄養成分がバランス良く含まれています。

スポンサードリンク


昔から中国では、ナマコが慢性肝炎の治療薬として利用され、

①補腎強壮効果

②動脈硬化を予防する作用

③性機能低下の回復作用

④便秘の改善

⑤利尿効果

があるといわれています。

またナマコに含まれる成分のホロトキシンは防カビ効果があり、水虫やタムシの原因である白癬菌を殺すため、水虫やタムシの治療薬として実用化されているそうです。

さらにナマコには、コラーゲンや、コンドロイチンといった近年注目されている栄養成分が豊富に含まれています。
これにより新陳代謝を促進、肌・皮膚を若々しく保つ、クッションの役割をして、体重を支える膝や腰の負担を軽減するなどの作用があります。

最近ではこのナマコがガン細胞を消滅させるということが言われています。

これが本当なら画期的な発見ですね。

NABERまとめ ガンの救世主はナマコ!ナマコがガン細胞を95%消滅させる!

ナマコの調理

見た目がグロテスクなため調理はちょっとという方が多いかもしれません。

魚屋さんやスーパーなら調理してもらって持ち帰れますが、頂いた物などであれば、自分で調理する必要がありますね。

その調理は

① 両はしを切り落とす。

② 縦に切り目を入れる。

③ 内臓を洗い流す。

④ 薄く切る。

コレだけです。 後は酢を少々回しかけておけば、溶けずに長持ちします。

引用元:YOUTUBE 鮮漁役者 なまこを調理する

 

まとめ

ナマコって女性にはうれしい食べ物なんですね。 ぜひ食べましょうね。

私が幼い頃、祖母は冬になるとこのナマコを食べると風邪を引かないと良く言っていました。 どうやら本当だったようです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

「鯖の生き腐れ」だけじゃないサバの注意点

「秋サバは嫁に食わすな」のことわざにある姑の本音は「秋さばは嫁に食べさせたくないほど旨い」のだが、サ

記事を読む

高品質な魚に農水省が”お墨付き” 『地理的表示制度』は漁業を救うか?

農水省が平成27年6月から、新たな地域ブランド認定に乗り出した。 これにより、ブランドの名称だけでな

記事を読む

さんま、さば、かます 秋の旬魚は嫁いじめ?

秋といえば食欲の秋。 魚も美味しくなる季節ですね。 そんな秋が旬の魚はことわざでは姑の嫁いびりにしか

記事を読む

TPP参加国からの輸入品に注意せよ。 その2 オーストラリア編 

TPP参加国のオーストラリア。 日本とは2007年に交渉が始まり、2014年7月調印、2015年1月

記事を読む

カニみその ”みそ”って何?

秋になり、風が涼しくなってくると恋しくなるのが熱燗ではないでしょうか? そんな熱燗のあてにぴったりな

記事を読む

妊娠中に食べないほうがいい魚があるって本当?

新しい命を授かり、赤ちゃんとの対面を心待ちにしているお母さん。 希望と不安で毎日をお過ごしのことと思

記事を読む

【春告魚】 魚で知る春の訪れ

♪~もうすぐ春ですねぇ。恋をしてみませんかぁ~? といえば、キャンディーズ。 冬の寒さが和らぎ、あち

記事を読む

「カニ食べ放題」のカラクリ 内緒で教えます。

行楽シーズンですね。 「カニ食べ放題バスツアー」「湯けむり温泉 ズワイガニ食べ放題宴会プラン」など最

記事を読む

岡山で「チョオキン」、紀州では「チョウチョウ」と呼ばれる”カツオに学びなぞらえる魚”とは?

世界的に見ると小さな国である日本でも地域によっては、獲れる魚と獲れない魚がいますね。 サバやアジなど

記事を読む

「食べ合わせ」の悪い 魚と○○

あるものとあるものを一緒に食べるとお腹をこわす。と言うのを聞いたことは無いだろうか。 そのほとんどが

記事を読む

コメントを残す