*

妊娠中に食べないほうがいい魚があるって本当?

公開日: : 最終更新日:2017/04/21 健康のための魚食, 知ってて役立つお魚の話


新しい命を授かり、赤ちゃんとの対面を心待ちにしているお母さん。 希望と不安で毎日をお過ごしのことと思います。 特にこの時期はこれから生まれてくる新しい命との二人分の栄養摂取が必要。 元気な赤ちゃんを産んでいただくために、気をつけていただきたい「食」のなかで、お魚はどうなんだろう。 ということで妊娠中に控えたほうがよいとされる魚を調査しました。

スポンサードリンク

刺身・お寿司などの生魚は控えめに

ninnpu3

妊婦さんは、普段より免疫力が下がっている場合があるため、生魚を食べると食中毒や食あたりになりやすいため注意が必要です。

またお腹を下すと、無理に便を気張ったりすることにより、子宮が収縮され流産の可能性が高まります。 

moriawase

お寿司などであれば、できるだけ、ボイルしてあるもの、炙ってあるものを食べるようにするとよいかもしれませんね。

どうしても生魚が食べたいときは、生姜やわさびなど殺菌作用のある薬味を一緒に食べるようにしましょう。

また、食べ物が痛みやすい夏場は生ものは控えましょう。

貝類はノロウィルスの原因となる可能性があるので、加熱・非加熱に関わらず妊娠中はできるだけ避けるようにしましょう。

「水銀が含まれている可能性のあるもの」の摂取量に注意

厚生労働省が公表している気をつけるべき魚では、水銀が多く含まれているとされるマグロ・クジラ・カジキ・イルカ・キンメダイ・クロムツなどが揚げられています。

magurosasimi 

これらの魚に含まれる水銀は胎児がその影響を受けやすく、脳神経障害・発達障害などを起こす可能性もあることから、過剰摂取に気を付ける必要があります。  

厚生労働省ではわかりやすいお魚の摂取についての資料も公開しています。

お魚について知っておいてほしいこと これからママになるあなたへ

関連記事  妊婦が注意すべき「魚」と「量」 厚生労働省発表

 

リステリア菌に汚染されている可能性のあるもの

リステリア菌は生のお肉や魚、牛乳に存在しているといわれています。

このリステリア菌に感染するとリステリア症になってしまい、胎児が死産したり、髄膜炎や敗血症を患ったり、早産する危険性があります。

このリステリア菌は妊娠中の感染が普段の20倍といわれているので要注意です。

平成21年度の食品安全確保総合調査では、リステリア菌に汚染されていることがわかっている魚介類や鮮魚加工品は以下のとおりです。

  • 生ハム
  • スモークサーモンなどの燻製魚介類
  • ネギトロ
  • 魚卵製品(明太子、筋子、いくら、たらこ)
  • ナチュラルチーズ(加熱していないチーズ)
  • 殺菌していない牛乳

スポンサードリンク

貝類は気をつけて

カキやアサリ、シジミなどからは「ノロウイルス」が検出されることがあります。

a0002_011957 

一般的に免疫力が低下している妊婦さんは感染しやすく、ノロウイルスの下痢症状から流産や早産を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

【オーガランド】亜鉛

出産までの我慢です。

ninpu1

刺身やお寿司が好きな妊婦さんにとっては、妊娠中に生ものを控えなければならないのは辛いですね。 これも新しい命と元気に生まれてくれるため。 出産後はまた存分楽しんでいただけますのでしばらくの我慢です。 またこの機会を利用して、加熱調理の魚料理を色々と試したり、これまで作ったことの無い料理を作ってみたりとレパートリーを広げるのもよいかと思います。 

スポンサードリンク

関連記事

妊婦さんにおすすめの魚は

ザ!鉄腕!DASH!「ダッシュ海岸」で紹介された”海のギャング”うつぼは食べれるの?

ホーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

エビを丸ごと食べる人はガンになりにくいという噂!? 本当なの?

エビチリ、エビ天、エビフライ、エビマヨネーズなどエビの料理はどれも日本人の好きなメニューですね。 こ

記事を読む

カルシウム摂りたいなら牛乳よりこれ!

海藻類が体に良い食べ物であることは良く知られている。 ミネラル成分が多いことは周知の通りだが、カルシ

記事を読む

日テレ「有吉ゼミ」あばれる君の「そうだ。漁師になろう。」で紹介された荒れ狂う津軽海峡の深海の高級魚とは?

日テレ「有吉ゼミ」相変わらずの人気番組ですね。 坂上忍さんやはなわさんなどが番組を賑わせています。 

記事を読む

カワハギは関西ではひどい名前になる?!

お刺身、薄造り、煮付け、お鍋、肝合えといろいろ楽しめ、それゆえ高級魚となった「カワハギ」。 東日本で

記事を読む

TPP参加国からの輸入品に注意せよ。 その2 オーストラリア編 

TPP参加国のオーストラリア。 日本とは2007年に交渉が始まり、2014年7月調印、2015年1月

記事を読む

TPPに基づく関税撤廃率95%! 野菜や魚、農林水産品の半数が発効16年目までに関税全て撤廃 

日米両国など12か国が大筋合意した環太平洋経済連携協定(TPP)で、今後、日本における水産品はどうな

記事を読む

今人気の「浜焼き」のルーツは広島なのです。

海鮮料理や居酒屋で今人気のメニューが「浜焼き」。 炭火やガスコンロで魚や貝、野菜を焼いて食べるもの。

記事を読む

北海道のご当地ならではの魚介類・お魚グルメはこれ!

北海道といえばいわずと知れた、海産品の宝庫ですね。 カニ、サケ、イカタラ、ホッケなど。 その海の幸を

記事を読む

都道府県の魚ってあるの?

「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」というのがある。 各県ゆかりの花、木、鳥である。

記事を読む

高品質な魚に農水省が”お墨付き” 『地理的表示制度』は漁業を救うか?

農水省が平成27年6月から、新たな地域ブランド認定に乗り出した。 これにより、ブランドの名称だけでな

記事を読む

コメントを残す