*

京都のお正月に欠かせない【にらみ鯛】って何?

公開日: : 最終更新日:2016/06/11 へ~なるほど。なお魚の話


京都には、正月に食される「にらみ鯛」と呼ばれる名物があります。 「にらみ鯛」とは、明石などで獲れた尾頭付きの鯛を丸ごと焼いた塩焼きのことです。 お祝いなどでよく見る「焼き鯛」のことなんですが、なぜ、「にらみ鯛」というのでしょう。

スポンサードリンク

3日間箸をつけずに”睨む”?

yakidai1

京都では、この塩焼きにした鯛を、3日間箸をつけずに”にらんで”、4日目に食べるという風習があるといいます。

これが、京都の伝統料理「にらみ鯛」の正しい食べ方だそうです。

焼きたてを食べた方が美味しいはずと思いますが・・・。

では、なぜ京都の人は3日間も箸をつけず、4日目に食べるのでしょう。

神仏への祈りが込められた風習

hondai2

京都の人たちは、自分たちがすぐには食べないことで、神様仏様にお供えしているというのが有力な説です。

お正月の食卓には毎日鯛を配膳しますが、自分たちは箸をつけずに、先に神様に食べて頂こうというわけですね。

つまり、「にらみ鯛」はすぐに食べないほうが美味しいという味覚の問題ではなく、”神仏への祈り”が込められた、古式ゆかしい風習ということなんですね。

この「にらみ鯛」はかつて日本全国で行われていたようです。

今では、その風習のほとんどがすたれて、京都の一部にわずかに残るのみとなったようです。

さらに、「にらみ鯛」の風習がのこっている京都の中でも、

「2日にらんで、3日目に食べる」

「1日にらんで、翌日食べる」

「焼き鯛ではなく、生の鯛をにらむ」

などのさまざまなバリエーションが存在するようです。

スポンサードリンク


左目の美しい鯛は値段が高い?!

taiatama

京都の「にらみ鯛」でもそうですが、高価なことで知られる天然のマダイですが、

左目が綺麗なものの方が値段が張る場合があります。

なぜ、右目ではなく左目なのでしょうか?

お祝いの席で出される場合、鯛は切り身などにはせず、尾頭付きのまま、塩焼きにされますね。

そのため、頭から尻尾までのヒレなどのパーツがかけることなく残っている必要があります。

さらに、焼いた鯛を皿に盛りつける際には、頭が左にくるように置くという盛り付けのルールがあります。

皿の上で表になるのは左目がある側になるので、左目が綺麗であることが求められるわけです。

調理後の盛り付けまでを考えて、取引されているわけなんですね。

まとめ

お正月前になると、スーパーやお魚屋さんで、鯛や鯛の塩焼きを見ることがありますね。 昔に比べお祝いでも鯛を使うことが少なくなってきた昨今ですが、今後もその姿を見られるのはお正月くらいなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

マンボウはウインクする?! まぶたがある魚とない魚がいるのはなぜ?

一般に、陸上で暮らす脊椎動物は、まぶたを持っています。まぶたは、外部の刺激から眼球を保護したり、眼球

記事を読む

日テレ メレンゲの気持ち 『さかなクンの魚講座開講』で紹介された出演者にそっくりの魚たち

日テレ「メレンゲの気持ち」皆さんご覧になっていますか? 久本雅美さん、いとうあさこさん、三吉彩花さん

記事を読む

有吉弘行みたいに人気で「引っ張りだこ」のタコはやはりこれだった。

最近では、いつどのチャンネルをつけても出演されている有吉弘行さん。 まさに今の時代の「引っ張りだこ」

記事を読む

大好きだけど意外と知らない「マグロ」のこと

「@niftiy何でも調査団」の「魚についてのアンケート・ランキング」で「好きな魚は何ですか?」の問

記事を読む

サザエにはツノがあるのとないのがあるけど、違う種類なの?

漫画『サザエさん』の名前の由来が貝のサザエというのもあってか、サザエは日本人にとってなじみのある貝で

記事を読む

蓮舫議員も知らなかった「向きが逆」「マナー違反」とツイッターで指摘相次ぐ 焼き魚の「頭が左」はなぜ?

ある日のツイッターに投稿した1枚の写真。 白い皿に乗った焼きサンマ。しかし、一般的な盛り付け方と違っ

記事を読む

和食の高級食材と言えば

和食の高級食材と言えば あわび。 一般の方にとってあわびって聞くと高級品のイメージですね。 毎日

記事を読む

竜?龍?オスが子育てするタツノオトシゴはいったい何者? 

私個人的に『タツノオトシゴ』が好きで、ネットオークションでタツノオトシゴにまつわるものを買ったり、動

記事を読む

たいもひらめも食うた者がその味を知る。

たいもひらめも食うた者がその味を知る。 ご馳走はそれを食べたものだけが味を知っている。 経験しな

記事を読む

羽田空港内にオープンした「羽田市場」は新しい鮮魚流通の拠点になるのか

その日の朝、地方で水揚げされた魚が、空輸され羽田空港に、羽田空港からその日の午後には首都圏の飲食店に

記事を読む

コメントを残す