*

魚のうろこは何のためにある?

公開日: : 最終更新日:2016/06/11 へ~なるほど。なお魚の話


魚の調理で厄介なのが、「うろこ取り」ですよね。 プロの私も調理で一番面倒くさいと感じています。 しかし、下処理でこのうろこを綺麗に取っておかないと、食べたときに口に残っていや~な感じに。 料理の味も台無しって事にもなりますね。さてこのうろこは何のためにあるのでしょう?というのが今回のお題です。

スポンサードリンク

身体を守るための鎧

renkouroko

人間にとっては邪魔に思えるうろこですが、魚にとっては外敵から身を守るための大切な鎧(よろい)なんです。

プラスチックのように硬いうろこを身にまとっているおかげで、海の中を浮遊している障害物や、ごつごつとした岩肌にぶつかっても、身体を傷つけずに済んでいるのです。

うろこの種類

鱗17

引用元:沖釣り okitsuri.com

うろこの形は、魚によって異なり、大きく5つの種類に分けられます。

楯鱗(じゅんりん)・硬鱗(こうりん)・骨鱗(こつりん)・円鱗(えんりん)・櫛鱗(しつりん)の5つです。

また、マアジやシマアジなど多くのアジ類にみられるゼイゴ(あるいはゼンゴ)も鱗の変形したもので、稜鱗(りようりん)と呼ばれます。

この中でも、わかりやすいのが「円鱗」と「櫛鱗」のふたつです。

一枚一枚が隙間なくびっしりと重なり、丸い形のものが「円鱗」と呼ばれます。

イメージ 1

引用元:淡路魚釣り文庫(うおつり)

「円鱗」はコイやフナのうろこですね。

一方、「櫛鱗」はぎざぎざしているのが特徴です。

タイ、スズキなどのうろこがこれに当たります。

うろこのいろいろ

うなぎのように体表がヌルヌルした魚や、サメのようにざらざらした体表の魚にはうろこがないように見えます。

実際は、顕微鏡でのぞいてみるとうろこが並んでいることがわかります。

ハリセンボンという魚がいます。 危険を察知すると身体を膨らませて体中のとげを逆立てて敵を威嚇します。

harisenbon

引用元:沖縄ダイバーズ

このとげも実はうろこが変化したものなんです。

逆にうろこがまったくない魚はいるのでしょうか?

答えはイエス。 

ヤツメウナギ類、ヨリトフグなどは全くうろこをもっていません。

スポンサードリンク


その他のうろこの機能

うろこは、魚の体を守る以外にもさまざまな機能があることがわかっています。

まず、人間が食べても味はありませんが、一枚一枚のうろこには、カルシウムなどのミネラル分が貯蔵されています。

魚は血液中のカルシウムが欠乏すると、自動的にうろこからカルシウムを補給するようになっているんです。

うろこは栄養分の貯蔵をおこなっているんですね。

また、うろこには振動や水圧を察知するセンサーとしての役割があるとされています。

魚の体の両側にある「側線」に並んでいるうろこには、穴が開いています。

この穴が開いたうろこで水圧の変化や振動を察知しているといわれています。

またこのうろこによって魚は自分の位置や敵の存在を把握しているんですね。

まとめ

調理の時には厄介なこのうろこですが、やはり魚が生きていく上で大切な体の一部なんですね。 一枚一枚のうろこには水中で暮らす魚にとっての便利な機能がつまっているんですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

サザエにはツノがあるのとないのがあるけど、違う種類なの?

漫画『サザエさん』の名前の由来が貝のサザエというのもあってか、サザエは日本人にとってなじみのある貝で

記事を読む

魚醤油って調味料、魚から出来てるの?

スーパーの調味料コーナーで小さな瓶に入った「魚醤油」もしくは「魚醤」とかかれた調味料を見たことはない

記事を読む

「アジのタタキ」「カツオのタタキ」同じタタキでもなぜ違うの?

魚の「タタキ」といったらどんな料理を思い浮かべるだろうか? カツオ? アジ? あれっ? どっちも「タ

記事を読む

鉄腕DASHでTOKIOが釣った「シイラ」はハワイでは高級魚なんです。

「鉄腕DASH」皆さん観てますか? TOKIOのメンバーが農業にチャレンジしたり、島でサバイバルチッ

記事を読む

煮魚の煮汁を冷やすと出来る”煮こごり”って何?

お魚の煮つけを作って、残った煮汁を冷蔵庫で冷やすとゼリー状に固まりますね。 これを「煮こごり」といい

記事を読む

2016.3.7 有吉ゼミ【あばれる君の「そうだ、漁師になろう。」】で紹介された1匹4万円の高級魚とは?

有吉ゼミの人気コーナー「あばれるクンのそうだ!漁師になろう」では毎回あばれるくんが、漁に同行し、楽し

記事を読む

背びれの棘に毒。 不恰好な頭。 でも美しい白身とコクのある味わい。

オコゼにも種類がある 主に、オニオコゼ(オニオコゼ科)とハオコゼ(ハオコゼ科)と そのほかの種類が

記事を読む

カワハギは何で色や模様が変わるの?

おちょぼ口、つぶらな瞳に丸い魚体で愛嬌たっぷりのカワハギ。 刺身はもちろん、煮つけやお鍋でもおいしい

記事を読む

イカを『烏賊』と書くのは? 「いかさま」の語源は烏賊? 「あたりめ」はなぜ?

イカを漢字で書くと「烏賊」。烏(からす)は鳥なのに。と思ったことありませんか? イカの干したものを

記事を読む

サヨリは大人になるとなぜ”受け口”になるの?

美しい白銀色の魚体、長いくちばしのような口にうっすらと紅をひいたような精悍な顔立ちの魚サヨリ。 この

記事を読む

コメントを残す