*

羽田空港内にオープンした「羽田市場」は新しい鮮魚流通の拠点になるのか

公開日: : 最終更新日:2016/11/15 へ~なるほど。なお魚の話, 魚にまつわるNEWS


その日の朝、地方で水揚げされた魚が、空輸され羽田空港に、羽田空港からその日の午後には首都圏の飲食店に届くという、新しいサービスがスタートした。 

スポンサードリンク

その名も「羽田市場」

2015年9月29日羽田空港貨物地区内の鮮魚センターにOPENした「羽田市場」。 

立ち上げたのは、「CSN地方創生ネットワーク」というベンチャー企業。

「CSN地方創生ネットワーク」によると、

「インターネット上でのせりの仕組みを構築し、卸売市場を通さないことで、朝獲れの地方の新鮮な魚を、スピーディーに首都圏の飲食店に配送できる新しい鮮魚流通の拠点になる。」と話す。

kaki hotate

初日となる29日には早速、北海道のホタテや長崎のマダイなどが、都内の飲食店に配送された。

現在、1000店舗と契約を結んでおり、年度内に、6000店舗にまで拡大したいとしている。

生産者直結、首都圏飲食店向けのオンラインマーケット 羽田市場

羽田市場はCSN地方創生ネットワーク株式会社が運営する首都圏飲食店向けのオンラインマーケットです。

目指すのは真の「地方創生」。
一次産業にかかわる生産者の方々とともに、各地それぞれのこだわり、獲れたての鮮度といった〈本当の価値〉を首都圏の皆様にお届けすべく、2015年9月29日より本格稼働いたしました。

その第一歩として、全国の漁師直結の新鮮な魚介類「超速鮮魚®」を販売開始。首都圏飲食店の皆様に、【超速】【高鮮度】【高付加価値】の魚介類を全国の産地からお届けします。

羽田市場では、生産者のこだわりを高い価値のままお届けするという使命のもと、「超速鮮魚®」に限らず、野菜や肉など多方面に展開していく予定です。
どうぞご期待ください。

参考:首都圏飲食店向けのオンラインマーケット「羽田市場」

高鮮度の鮮魚 「超速鮮魚®」も取扱い

この「羽田市場」では地方の漁師から「超速」で届けられる、究極の鮮度を保った「超速鮮魚®」も導入。

どこよりも早く、高い鮮度で!

魚はほかの食べ物に比べて、鮮度による価値が大きく変わります。
超速鮮魚®は羽田空港直結の鮮魚センターに毎日集荷。
だからこそ、全国の漁場から最も早く首都圏にお届けすることが できるのです。

漁師が品質保証!

いつ、誰が、どこで、どうやって獲って、さらにどのように鮮度管理をしているのか。
超速鮮魚®は獲った漁師の顔がすべて見えます。
羽田市場では、漁師ごとの水揚げ情報や彼らの生の声をお伝えしていきます。
飲食店の皆様は、鮮度はもちろんのこと、獲った漁師の情報を付加価値としてお客様に提供することができます。

参考:首都圏飲食店向けのオンラインマーケット「羽田市場」

産地別取扱商品はこれだ!

スタート時点ですでに北海道から宮崎までの全国9箇所との提携が出来ており、魚種も多岐に渡る。

北海道 紋別  イシモチガレイ スルメイカ ナメタガレイ ツブガイ アオソイ

北海道 焼尻  ヒラメ ソイ ハマグリ

岩手 大船渡  ホタテ

千葉 勝浦   イセエビ サザエ

神奈川 平塚  ヒラゴ イシモチ マサバ マアジ

三重 鳥羽   サゴシ クロダイ タチウオ イナダ

三重 外湾   ヒラメ イボダイ マサバ マイワシ

長崎 対馬   ヤリイカ ハマグリ クエ ハガツオ カツオ サゴシ アイゴ ヤリイカ ヒラマサ スルメイカ

宮崎 延岡   アジ タチウオ カンパチ 木アジ マサバ マダイ

amadai

利用に関しては「無料会員」か「買参会員」へ登録

「羽田市場」で魚を買いたい!という場合はどうすれば良いか。

009

まず「無料会員」(超速鮮魚BOXのみ購入可能 送料1,080円(税込)は自己負担) 

もしくは「買参会員」(1店舗につき年間会費32,400円(税込) 送料無料)のいずれかに登録申し込みをする。

買参会員は「オンラインせり」の利用が出来る。

WEB画面にてセリに参加していただくことで、競り落とした鮮魚が当日届く仕組み。

羽田市場 案内パンフレット PDF

羽田市場 営業パンフレット PDF

会員申込

スポンサードリンク

羽田市場の超速鮮魚が食べられるお店

羽田市場で仕入れた新鮮な全国のお魚を食べてみたい!

そんな方にはこちらでお店が探せます。

羽田市場の超速鮮魚が食べられるお店一覧

デジキューBBQガーデン 新橋店

笹塚 兎屋

和風居酒屋 神楽坂 吉

てら川

てっぺん 自由が丘

てっぺん 渋谷 男道場

まんま 新宿本店

魚菜de酒めし 表参道

羽田市場のブログはこちら

羽田市場ブログ 羽田から愛をこめてお魚を!

羽田市場を紹介した動画はこちら

WBS 20150727 

総合1位獲得!年内配送まだ間に合う!お歳暮&年末限定クーポン有!2015年間ランキング総合部門…

羽田市場の超速鮮魚がついに個人向けにも販売開始!

これぞまさに流通革命!

羽田市場 直販部

羽田市場NEWS

2016.3.21 日本経済新聞

 CSN地方創生、水揚げ翌日に海外配達 羽田で鮮魚加工

関連記事 : 今話題の『羽田市場』 人気の理由はここにあった

まとめ

日本全国の漁獲高が減少傾向にあり、鮮魚の取引価格も高騰しつつある昨今、このような流通の新体系が定着することは、飲食店にとっては鮮魚介類の安定供給に繋がる。またそれを利用する消費者にとっても、メリットとなる要素が大いにある。 今後の取引きの活性化と一次産業の繁栄に繋がればと願ってやまない。

 

スポンサードリンク

ホーム

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

シラウオ、シロウオ、シラス 同じ魚じゃないの?

スーパーなどで良く目にする「シラス」。「釜揚げ」や「シラス干し」など我々の食卓にはなじみのものだ。

記事を読む

イカスミにはすばらしい作用があることをご存知?

和食ではごく稀だが、イタリアンやフレンチでは、パスタやリゾットに使われる「イカスミ」。 見た目真っ黒

記事を読む

日テレ「有吉ゼミ」あばれる君の「そうだ。漁師になろう。新弟子登場スペシャル」」で紹介の「深海に咲くバラのような魚」ってどんな魚?

有吉ゼミは有吉弘行さんがMCを務める人気番組ですね。私も毎回チェックしている「そうだ。漁師になろう。

記事を読む

「脂がのってうまい!」 ウナギ味のナマズで町おこし

近畿大学といえば「近大マグロ」で有名ですね。 この近畿大学が今度はナマズを開発したということで、この

記事を読む

飛んでる魚 トビウオはどれくらい飛べるの?

トビウオは英語で「フライング・フィッシュ」。 世界中で、文字通り「飛んでる魚」である。 さてこのトビ

記事を読む

ドジョウ鍋のことをなぜ「柳川鍋」というの?

ドジョウを食べたことがありますか? 有名なのは「柳川鍋」ですね。 ウナギとともに夏のスタミナ食である

記事を読む

泳ぐ”魚”と酒の”肴”って何か関係があるの?

水中を泳ぐさかな(魚)のほかに、酒のつまみのことをさかな(肴)といいますね。 飲食店などでは一般的に

記事を読む

料理の万能選手といえば・・・・

日本人に愛される魚の一つは、オールマイティーに使える魚でもある。 私は個人的にランキングが好きであ

記事を読む

2016.4.10 ザ!鉄腕!DASH!「DASH海岸」で紹介された「黒いダイヤ」と呼ばれる超高級魚とは?

毎回放送を楽しみにしている人も多い「鉄腕DASH」。 今回の「DASH海岸」は東京湾の深海「東京海底

記事を読む

ご飯を借りてきてでも食べたい魚 ”ママカリ ”とは?

ある場所では見向きもされない魚が、その地域だけでは人気があるというケースは結構多くあります。 岡山県

記事を読む

コメントを残す