*

ツナ缶にゴキブリ混入?!保健所が『はごろもフーズ』を検査 ところでツナ缶ってどうやって作っているの?

公開日: : へ~なるほど。なお魚の話


食品に異物が混入する事件が時折報道されますね。 今回はツナ缶にゴキブリが入っていたという衝撃のNEWSでした。 この異物混入でスポットが当てられた『ツナ缶』。 サラダやお寿司、サンドウィッチ、ピザなどにも使われ美味しい『ツナ缶』ですが、これってどうやって作られているのでしょう。

スポンサードリンク

ゴキブリ混入のツナ缶が見つかる

「ゴキブリ混入」はごろもフーズ工場を検査 保健所が発見した「破れ・隙間」

 ツナ缶のゴキブリ混入問題で、静岡市保健所が食品管理に問題があったとして2016年10月31日までに製造元のはごろもフーズ側を指導した。

  「食品を扱う工場に管理不足がありました。これでは、虫の侵入も否定できないということです」

■シャッターが長年の使用で劣化

 静岡市保健所の食品衛生課では、J-CASTニュースの28日の取材に対し、担当者がこう説明していた。

 今回の問題では、山梨県内のスーパーで販売されたツナ缶「シーチキンLフレーク」に1.5センチほどのゴキブリとみられる虫が混入していた。県は、スーパーから通報を受けて20日に静岡市保健所に調査を依頼しており、保健所は28日、食品衛生法に基づいて、同市内の下請け工場への立ち入り検査を行った。

 害虫駆除の記録や工場施設を確認した結果、原料や資材を搬入するためのビニール製シートのシャッターが長年の使用で劣化しており、破れや隙間が見つかった。食品衛生課では、ここから虫が入った可能性があるとしており、はごろもフーズ側に対し、施設をチェックして、虫の侵入を防ぐよう指導した。

 その後に改善したかを確認するため、後日に再び立ち入り検査を行う予定だともしている。

 ただ、配電盤内なども調べたが、虫のフンの形跡は見られず、記録にも1年ほどは虫が捕獲されたという記載もなかったという。

「現時点でコメントするのは難しい」

 はごろもフーズでは、混入ツナ缶の製造日から2年近く経っており、同様な申し出がなく混入は偶発的なものだとして自主回収しないとしている。静岡市保健所によると、検出された細菌数など食品基準に適合しないケースでなければ、製造元に回収命令は出せないという。

 工場内に隙間などがあったと指摘されたことについて、はごろもフーズの経営企画室では、「こちらでは確認しておらず、保健所からも正式に話を聞いていませんので、現時点でコメントするのは難しいです」と取材に答えた。

 なお、はごろもフーズのホームページ上では10月28日、同様の事例が発生しないよう品質管理の徹底を図るためとして、翌29日から当面の間、工場におけるツナ缶などの製造を休止することを明らかにした。

J-CASTニュース

そもそもツナ缶ってどういう原料で作られているの?

tuna3

ツナ缶の「ツナ」とは英語でtuna。

これはマグロを意味します。

つまり「ツナ缶」は基本、マグロの缶詰です。

その原料となるマグロは、一般的に

ビンナガマグロ、キハダマグロ、メバチマグロが使われています。

これにカツオもしばしば使われています。

「ホワイトツナ」と呼ばれる高級なツナ缶に使用されているのがビンナガマグロ。

「ライトツナ」と呼ばれる安価なツナ缶に使用されているのがキハダマグロやメバチマグロ、カツオです。

ツナ缶はどうやって作られているの?

tuna2

では、どうやって作られているのでしょうか?

基本は、香草(ローリエやローズマリーなど)を入れたオリーブ油やサラダ油を熱し、

そこに塩をして寝かせておいたマグロ入れてしばらく煮込み、

冷まして冷蔵後などで冷やし味をしみこませたら出来上がりです。

「ノンオイル・オイル無添加」と呼ばれるツナ缶は油を調味液やスープに代えて作ったものです。

調味油を使っていないため「水煮」と表記されていますね。

つまり、ツナ缶は油か調味液やスープで煮込んで味を染みこませた料理なんですね。

ツナの缶詰めには、「ソリッド」と呼ばれる身肉の形状をそのままいれたものと、「フレーク」と呼ばれる細かくほぐしたものがあります。

「ソリッド」はその形状を活かした盛り付けの料理に向いています。

「フレーク」は他の材料と混ぜたり、料理に散らしたりする場合に便利です。

tunasarada

実は簡単にできるツナの作り方

缶詰になっているのを使うことがほとんどのこの「ツナ」ですが、実は簡単にできるものなんです。

使う油や香草を変えれば、自分好みのツナができますし、スーパーでマグロの特売があったりしたときは、安く作れる事だってあります。

クックパドなどでも手作りツナとして紹介されていますが、

私のおすすめは「正しい「自家製ツナ」の作り方 シェフ直伝レシピ公開」ですね。

作る際のポイントは2つです。

1、 マグロに塩をして1時間くらい寝かす。

この時、少し多いかなと思うくらいが余分な水分が抜けて旨味が凝縮します。

水洗いした後は、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取ることも美味しさにつながります。

2、 「1晩寝かす」というのが一般的なレシピですが、我慢ができるなら1日くらい寝かせると、より味が入って美味しくなります。 

美味しくするためには我慢も必要ですね。

スポンサードリンク

ツナの美味しい食べ方

ツナ缶を使ったおいしい料理をご紹介します。

ツナ入りパスタ

納豆や、海苔、紫蘇やねぎなど和風の食材とあわせても美味しいですね。

tunapasuta

 

ツナピザ

写真のようにコーン、マッシュルームとの相性も良いですし、スライスオニオンやピーマンなど歯ざわりの良いものと組み合わせるのも良いですね。

 

tunapiza

お寿司

回転すしなどでは今では定番となっていますし、マヨネーズとの相性も抜群なため、サラダ野菜や玉子などと一緒に巻寿司にしても美味しいですね。

tunanigiri

ツナサラダ

私がいうまでもなく、人気のサラダですね。 歯ごたえの良い野菜や彩の良い野菜を加えるとツナのよさが引き立つと思います。

tunasarada2

まとめ

今では、ご家庭での料理でも定番になりつつある食材の「ツナ缶」。 そんなどこの家庭にも保存用としてあるこの食材での今回の異物混入事故ですから、少々がっかりしました。 メーカー側もしっかりと対策を講じて、今後も製造してくれることを願うばかりですね。

 

スポンサードリンク

ホーム

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

日テレ「有吉ゼミ」あばれる君の「そうだ。漁師になろう。」で紹介された荒れ狂う津軽海峡の深海の高級魚とは?

日テレ「有吉ゼミ」相変わらずの人気番組ですね。 坂上忍さんやはなわさんなどが番組を賑わせています。 

記事を読む

鍋の季節 魚の鍋物を煮るのは水から? お湯から?

寒い季節には、やっぱり体が温まる「鍋物」が良いですよね。 魚を使ったお鍋といえば、石狩鍋、魚ちり、ふ

記事を読む

2016.6.12 ザ!鉄腕!DASH!! DASH海岸で紹介された「チョウチン」とは?

東京湾・工業地帯の一角、横浜DASH海岸。 今回の放送では、”海のオーロラ”夜光虫が紹介されましたね

記事を読む

飛んでる魚 トビウオはどれくらい飛べるの?

トビウオは英語で「フライング・フィッシュ」。 世界中で、文字通り「飛んでる魚」である。 さてこのトビ

記事を読む

”子持ちシシャモ”ってどんな魚なの?

ご飯のおかずとして、酒の肴として、安価で美味しい魚シシャモ。 小さくても味わいがあり人気ですね。 我

記事を読む

ロブスターとイセエビってどう違うの?エビはなぜ「おがくず」に入っているの?

お歳暮やお正月に地方から送られてきたり、魚屋さんに並ぶ「化粧箱」と呼ばれる箱入りの車エビや伊勢エビ。

記事を読む

竜?龍?オスが子育てするタツノオトシゴはいったい何者? 

私個人的に『タツノオトシゴ』が好きで、ネットオークションでタツノオトシゴにまつわるものを買ったり、動

記事を読む

日テレ メレンゲの気持ち 『さかなクンの魚講座開講』で紹介された出演者にそっくりの魚たち

日テレ「メレンゲの気持ち」皆さんご覧になっていますか? 久本雅美さん、いとうあさこさん、三吉彩花さん

記事を読む

『タイのたい』って知ってた?

「タイのたい」って聞いたことありませんか? これはタイの骨の一部でご利益があるといわれているものなん

記事を読む

「くさや」って、なんであんなにくさいの?

皆さんは、「くさや」を食べたことがありますか? 焼いたときの強烈な臭さといったらそこから逃げ出したい

記事を読む

コメントを残す