*

ウニ丼、ウニのお寿司、大好きなウニって、体のどの部分なの?

公開日: : 知ってて役立つお魚の話


ウニといえば高級品ですね。 口に含むと磯の香りが口いっぱいに広がり、舌触りはなめらかでとろけていきます。 いつしか幸せな気持ちで満たされるそんな美味しさのウニって、海にいるときは黒くてトゲトゲでグロテスクな容姿ですね。 私たちを幸せな気持ちにさせてくれるウニって、体の中のどの部分か知ってました? 

スポンサードリンク

そもそもウニってどんな生き物?

uni2

まずウニは 棘皮動物門 ウニ網 の生物です。

その形は一般的に玉を扁平にしたような形で、

体は硬い殻で覆われその周りに長短のとげがあります。

ウニの殻の表面は薄い皮で覆われており、棘を動かすための筋肉も付いています。

殻の内側は、主に食べ物をかみ砕く器官(咀嚼器)、内臓器官、生殖器官で構成されています。

殻内の中心部には、大きな咀嚼器が直立しており、その下部は口で、歯が5本あります。

殻のすぐ内側には生殖巣が5つあります。

殻の上部には、卵や精子を放出する孔(生殖孔)が生殖巣の数だけ、つまり5つ開いています。

生殖巣の間を生うめるような形で、口に続く消化器官が小腸、大腸と殻の内側をめぐって、背面の肛門へと続いています。

ウニの歯を『アリストテレスの提灯』と呼びます。

ウニは細長く先端が吸盤になった伸縮自在で管状の「管足」と呼ばれる足で移動します。

移動する方向に菅足をのばし、吸盤を岩や石にはりつけたら、今度は菅足を縮めて体を引っ張るという具合です。

菅足の吸盤の吸着力はかなり強く、流れの速い場所でもがっちりと貼りついて流されることはありません。

急な斜面もお手のもので、なんなくあがっていきます。

ウニは主に、海藻類やプランクトン、微生物の死骸などを食べています。

世界中の海にいるウニ

ウニは世界中の海に約870種類いるといわれています。

日本近海には約180種類が生息しているといわれています。

日本で食べられているのは主に

エゾバフンウニ

「エゾバフンウニ」の画像検索結果

引用元:北海道フードグログ

「ムラサキウニ」の画像検索結果

引用元:札幌すすきのワインバー BLANC-ブラン-Blog

キタムラサキウニ

「キタムラサキウニ」の画像検索結果

引用元:【魚ログ】 三陸いわて産地魚市場ブログ – いわてNPO事業開発センター

アカウニ

「赤ウニ」の画像検索結果

引用元:展望レストランうずの丘地産地消ブログ

「シラヒゲウニ」の画像検索結果

引用元:かもめ組図鑑

などほんのわずかです。

その他の多くのウニも食用にできますが、生息数が少なく

漁獲の対象にされていないため、市場に出回ることはありません。

スポンサードリンク

食べているのはどの部分?

uni3

私たちが「ウニ」といって食べているのは、

栗のイガのような棘をもった殻の中に入っているオレンジの部分です。

このオレンジ色の部分はどの器官なんでしょう?

このオレンジの部分は実はウニの生殖巣なんです。

私たちが食べているのは、ウニのオスなら精巣、メスなら卵巣です。

繁殖期が近づいてくると生殖巣はどんどん大きくなっていき、美味しくなっていきます。

ウニの内臓などの各器官は、上から見れば肛門、下から見れば口を中心として、

五方向に放射状に配列されています。

そのため、1個のウニからは5つの生殖巣がとれるのです。

hakouni

 

 

うにの美味しい食べ方

ウニのにぎり寿司

unisusi

うにどんぶり

unidon

ウニ飯

unigohan

うにホーレン (広島名物)

「ウニホーレン」の画像検索結果

引用元:とみやん市とみやん町1-1-73

まとめ

美味しいウニですがやはり高価ですね。 1個のウニから5つしか取れない生殖巣を丁寧にとり、洗浄し、板に並べるといった手間が、その値段の理由です。 高価なものは板ウニで1枚が数万円というのもあります。 お寿司屋さんでもにぎり寿司1貫が数千円になるのも頷けます。お金持ちのスポンサーでもいれば食してみたいですね。

スポンサードリンク

ホーム

ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

DASH島で紹介 岩牡蠣の旬はいつ? 主な産地とおすすめの食べ方とは 

牡蠣といえば、冬の代表的な海の幸ですね。 広島や宮城が養殖の産地として有名です。 この冬が旬の牡蠣は

記事を読む

目は口ほどに物を言う。 魚の鮮度は目に表れる。

スーパーにお魚を買いにいった際、皆さんはどんなところを見て選んでいますか? 同じ値段なら少しでも良い

記事を読む

スーパーで見かける「変な名前」の魚たちの正体とは?

2000年のJAS法の施行以来、スーパーに並ぶ切り身魚の商品名に「なんだこりゃ?」って名前の魚がたく

記事を読む

出世魚と縁起魚

日本では、明治初期に戸籍法が制定されるまで、中国の習慣を真似て、武士や学者などは成人の資格が認められ

記事を読む

カニを上手にさばくコツは?

クリスマスやお正月が近づくとスーパーやデパートでカニをよく目にするようになります。 またこの時期、お

記事を読む

「タラバガニ」はカニじゃないのです。

タラバガニといえば「カニの王様」と呼ばれる。 その証拠に英語では「red king crab レッド

記事を読む

「メスのほうが美味しい」といわれるタコ。どうやってオスとメスを見分けるの?

タコの漁といえば「タコ壺漁」が有名ですね。 多くの壺を海底に沈め、壺にタコが入った頃を見計らって壺を

記事を読む

カワハギは関西ではひどい名前になる?!

お刺身、薄造り、煮付け、お鍋、肝合えといろいろ楽しめ、それゆえ高級魚となった「カワハギ」。 東日本で

記事を読む

魚がやっぱり体にいい! 不飽和脂肪酸の多い魚とアミノ酸スコアが満点の魚は食べるべし

血液をさらさらにする働きがある「不飽和脂肪酸」、良質のたんぱく質を豊富に含む食品を選び出すための指標

記事を読む

美肌のための”コラーゲン”が摂れるお魚とは?

最近では、女性のお肌に良いとされる成分が色々と紹介されていますね。 ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミ

記事を読む

コメントを残す